ナゲキ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ナゲキ/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

アローガルド対策済道具はく奪型 節を編集

性格:のんき
特性:こんじょう
努力値:HB252 AorD4 
持ち物:たべのこし(推奨)/オボンのみ/ゴツゴツメット
確定技:ともえなげ/はたきおとす/ストーンエッジorいわなだれ
攻撃技:リベンジorばかぢから/しっぺがえし/じしん/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/かみなりパンチ/どくづき
補助技:どくどく/いたみわけ

格闘トップクラスの耐久とそこそこある攻撃でとりあえず殴る型。
他の鈍速格闘が強すぎて普通に殴るだけでは物足りなくなってしまう。
せめてドレインパンチやバレットパンチがあれば変わったのだろうか
・基本的な立ち回り
相手を倒す事を主な目的とせず、攻めつつ相手のペースを乱す事がメイン。
はたきおとす+ともえなげで相手の手持ちを晒しつつ持ち物をはく奪し、相手の戦略を崩しながらこちらの戦略を立てる事を目的としている。
高い耐久性を持っている為、不一致の弱点攻撃であればほとんど耐える事が可能であり、物理相手には抜群の強さを発揮する。

使ってみると何か物足りないが攻撃範囲が広いので弱いわけではない。
けれども環境のせいでネタ
・対積みポケモン
序盤に現れる事が多い積み型を投げ飛ばして積みを崩す、積みポケモン潰し。

こだわりスカーフ型 節を編集

性 格:ようき
努力値:攻撃252or耐久調整残り攻撃 素早さ252
特 性:どっちでも
持ち物:こだわりスカーフ
技:ばかぢから/ストーンエッジorいわなだれ/じしん/どくづき
  ちょうはつ/いばる/どくどく/にほんばれ/あまごい/
  かたきうち/やまあらし/きしかいせい
・対状態異常ばらまきポケモン
耐久潰しに使われる事が多いやけど・どく・まひは特性こんじょうで糧にする事で
無補正無振りであってもA180まで上げる事ができる。
上記の技を使用するポケモンは居座るタイプが多い為、ここでもはたきおとす+ともえなげでたべのこし等を奪ってから
後続の非耐久ポケモンと入れ替えて戦略を崩す。

最速スカーフなし92族(ワルビアル)まで抜かせるらしい。
じならしはタスキ持ちかつ早いゴウカザル、ルカリオ、テラキオンあたりに刺さるが
攻撃252振りでもテラキを確2にできないので後述の理由も踏まえて現実的ではない。
補助技は打ち逃げになるが奇襲としては十分。
かたきうちは打ちたい相手が居るか不明。やまあらしは少々威力不足か。
きしかいせいは一回突っ込んだ後ダメージを負った状態で再び出した時に使えるかも。
・対ファイアロー
一見苦手な相手だが、A特化@ハチマキのブレイブバードでも低乱1(25%)。
無補正A振りなら確2の為、受けてからのストーンエッジorいわなだれで倒す事が可能。
いわなだれだとH振りファイアローが確2となるが、ブレイブバードの反動を考慮すれば倒すことが可能。
こんじょうなので鬼火も問題ない。

意表が突けることは確実だがこいつより素早さ、攻撃が高く、高耐久な格闘タイプであるハリテヤマが居る。
何かしらの(暑い脂肪ハリテヤマと差別化できる)耐久調整やちょうはつ、やまあらしを入れないと
スカーフハリテヤマの劣化になってしまう。
ネタポケがネタポケの劣化というのも変な話なので意識しないでいいかもしれないが、一応注意。
・対ギルガルド
素早さはVだったとしても最鈍ギルガルドと同値。
個体値29以下であれば必ずギルガルドの後攻を取る事ができる。
通常のギルガルドの攻撃は物理でも特殊でも耐える事が可能である。
ただし、A無振りだとH振りギルガルド(ブレード)に対してはたきおとすが確2(H無振りでも中乱1)であり、
キングシールドやつるぎのまい(+じゃくてんほけん)をされる恐れもあるため安定はしない。

がまん型 節を編集

性格:わんぱく
努力値:HP252 防御132 特防44 残りは好みに
特性:せいしんりょく(怯み対策)
持ち物:たべのこし、オボンのみ、ラムのみ
確定技:がまん/ちょうはつ
・選択技について
対応できるタイプが多く、使い勝手がよいのはれいとうパンチです。
4倍弱点でも倒せない場合が多いですが、後続のポケモンの一撃で倒せるぐらいに削るには充分な威力を発揮します。
バシャーモヒードランギルガルド、どくタイプにはじしんも有効ですが、
冒頭で書いた通り倒す事を主な目的としていない為必要性はそこまで感じませんでした。
教え技で追加になったいたみわけは効果的な運用には至りませんでした。
理由はHPが高い為、大抵の相手がHPがナゲキより少なく大きな回復を狙う事が難しかった為です。
後攻でのいたみわけという事もあり、相手が攻撃してくる事を前提とした運用となります。

何気にがまんが使えるポケモンの中で最も総合耐久が高い。
上記の振り方だと陽気A252ボーマンダの逆鱗や臆病C252サザンドラの流星群(降下補正込)を2発確定で耐える。
相手がフルアタなら高確率で決まり、スカーフ型はほぼカモになる。

ちなみに、ダゲキと違ってカウンターは覚えられない。
がまんの特徴は物理・特殊技の両方に対応し、また相性の影響を受けない(ゴーストで防げない)ことである。
さらに優先度+1の先制技であることもポイントだな
↑まさか既にあったとは・・
ところでこの型ってしめつけるは入らないの?強化バンドも欲しいが正直回復で埋まってしまいそう。
がまんしたとこを逃げられて変化技でじっくりやられるのが一番嫌なパターンだと思うんだけど。
挑発→とりあえずしめつける→逃げられたら又挑発、居座りなら我慢が安定する。
むしろ警戒された後にこそ活躍しそう。
↑↑第5世代では、がまんはゴーストに効かなくなったんだぜ。
だから元からゴーストを呼びやすいこいつはがまん型に向かないかもなぁ

いいおとこ風どくどく型 節を編集

性 格:わんぱくorしんちょう
努力値:HP252 防御252/HP252 特防252
特 性:どっちでも
持ち物:パワフルハーブ/たべのこし/きんのたま/あかいいと/ひかりのこな
確定技:あなをほる/どくどく
選択補助技:メロメロ/ビルドアップ/ふるいたてる/かげぶんしん/みがわり/まもる/
選択攻撃技:しめつける/のしかかり/どくづき/やまあらし/ともえなげ

かつて一番上に存在した美男子型を実戦向けに構築した型。
本家がおふざけなノリなので、実践的な考察はこちらで出来るように住み分けた。

派手さはないが、その分渋好みで受けに定評のある赤いいい漢。
その耐久を活かして、食べ残しを持って毒を入れれば、ネタ型でもそこそこ働くことができる。
毒を入れたら後は、相手が昇天するまでひたすら掘り続けるべし。
締め付ければ、こちらに対して決定打を持たない相手を逃がさずになぶり続けることも可能。

メロメロは残念ながら異性にしか効かないが、魅力を最大限に引き出したいなら必須かもしれない。
ネタ度合いを増したければ、暑苦しく締め付けたり、のしかかってみたり、突きまくってみるのも良いだろう。
ビルドアップでガチムチ度合いを増すも良し、何かを奮い立てても良し。
メロメロで行動を制限してる間に、かげぶんしんやみがわりでイヤらしく立ち回るのもアリ。
やまあらしで相手の急所を狙い撃ちにするのも面白いかもしれない。
ともえなげは積まれた時や苦手なポケモンに交換された時に使える。

ネタ抜きにして、コイツの耐久型って使えると思うんだ
厨ポケ受けとして定評のあるズルズキンよりも高い耐久を誇る上に、脱皮はないものの格闘が弱点じゃないのも地味にうれしい
むしろコイツより柔らかくて弱点もメジャーな上に
アイデンティティであったフリーフォールを没収されたウォーグルに耐久型があるのが不思議なくらい(どっちも再生回復はないが

初手猫騙し甘え狩り型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:AB
特性:せいしんりょく
持ち物:ゴツゴツメット など
確定技:ばかぢからorリベンジorやまあらし
選択技:しねんのずつき など

メガガルーラ、メガミミロップ、ガオガエンなどのメジャーな猫騙し使いが軒並みノーマルorあくタイプに偏っている事に注目。
タイプ的に不利対面だがとりあえず猫騙ししてから考えようなどと思っている所の不意を討つ。
特性が精神力の格闘タイプの中ではぶっちぎりで物理耐久力が高い。マイナーポケモンの更にマイナー特性なので警戒もされにくい。
格闘タイプで弱点をつけない猫騙し使いは格闘タイプや毒タイプがいる、コンセプトに沿うなら思念の頭突きがおススメ。

他に怯み効果のある技として、半減できる岩雪崩は採用率は岩石封じに食われぎみだが、
アイアンヘッドの需要が高まっている為、それを受ける事も視野に入れるとよいだろうか。
残念ながらトゲキッスの天の恵みエアスラには対応できない。

ピンポイントで狙っていくのに対しまず猫騙し使い自体が現環境ではそこまでは多くない
最悪を想定かつ安定手を考えられるプレイヤーには通用しない
など問題点は山積み