ホエルオー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ホエルオー/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

ねむねごしおふき型は第四世代と記述が同じであったため割愛。
第四世代ホエルオーにあります。

チョッキフルアタ型 節を編集

特性:プレッシャーorみずのベール
性格:ひかえめ
努力値:防御252 特攻252
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:じわれorクリアスモッグ/ハイドロポンプorねっとう/れいとうビーム
選択技:めざめるパワー/じしん

劣化さえ気にしなければ普通に戦える。

相手の積み技はじわれやクリアスモッグで対処可能。
貴重な差別化点でもあるので、どちらかは入れておきたい。

無限ホエルオー 節を編集

特性:どんかん(重要)
性格:おくびょうorずぶとい
努力値:素早さ252 HP調整 防御or特防252
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/みがわり/アクアリング
選択技:こごえるかぜ/ねっとう/じわれ/どくどく

アクアリングに食べ残しの回復を合わせると、まもる+みがわりで無限型になる。
XYで特性どんかんが挑発無効になったため、起点さえ作れればもう止められない。
さらにいるかどうかは別としても、配布スイクンとれっきとした差別化が可能になった。

ただし夢特性でどんかんを持つトドゼルガでも同じことができる。
しかも向こうはホエルオーより素早く、アンコ前歯零度一致凍える風と技も器用。
単水タイプなので耐性が良いことや、ねっとうで差別化しよう。

要塞ホエルオー 節を編集

特性:どんかん
性格:ずぶとい
努力値:防御252 HP252
持ち物:たべのこし
確定技:のろい/ドわすれ/ねむる
選択技:たきのぼりorねっとう/じわれ/どくどく

のろいとドわすれを両方積んで要塞化。どんかんで挑発がきかないのではまれば強い。
水タイプでこの構成はホエルオーのみ可能

まもみがプレッシャー型 節を編集

特性:プレッシャー
性格:『おくびょう/ずぶとい/おだやか』(特殊水技or攻撃技無し)
性格:『ようき/わんぱく/しんちょう』(たきのぼり使用)
努力値:素早さ252 HP調整 防御or特防252
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/みがわり/どくどく
選択技:特殊水技/みずびたし/アクアリング/とおせんぼう/たきのぼり/じわれ

5世代wikiからのものを改変。
どくどくを入れ、あとは身代わりと守るを繰り返すことでHPとPPを削っていく。
6世代に持っていっても良いが、前世代で起こった「スイクンの劣化~」の泥沼議論には心底うんざりだったのでここに。

たべのこしとみがわりを考慮してHPは16n+0~3に調整。
BDに優先して振ったほうが硬くなるので、なるべくHに振らずにこの数値になるのが望ましい。
振った状態での16nの最低値はHP256(HP84振り)。
無振りでも実値245(16n+5,4n+1)なので特に努力値を振ったり個体値を下げる必要は無い。
当然みがわりも固定ダメージを耐える(無振りの身代わりで61)

素早さは準速ラッキーを抜かせる実数値103以上が最低ライン。
さらに念をかけるなら、最速ラッキーや無振りロトム抜き抜き~に調整。
こいつらを見越して抜き調整を施したクレセリアやフシギバナもいるため、意識するなら準速にまで振る。

個人的には最速にまでする必要はないと思う。まず耐久に補正をかけないと相手の攻撃を受けきれないことが一点。
もうひとつは、こいつのすぐ上にいるようなポケモン達は、70族のキノガッサを意識してほとんどが最速にしており、
どのみち最速ホエルオーでも先手を取れず、努力値の無駄使いになってしまうことが理由。

技考察(基本)
スイクンも使えるが、バトルでは普通に実用的な技(まもみが型のスイクンの技候補)。
  • なみのりorねっとう
    基本候補。熱湯は物理耐性を上げることができるので有効だが、毒が刺さらなくなってしまうことに注意。
  • こごえるかぜ
    相手の素早さを落とすことでループに持ち込める相手を増やす。
  • うずしお
    拘束&スリップダメージ狙い。XYからダメージ量が上がった。
  • ほえる
    積み対策。
技考察(差別化)
どうしても差別化して使いたい場合の選択肢。劣化上等で構わないなら採用余地はほとんどない。
  • みずびたし
    毒・鋼タイプを毒にできる。打ち逃げして後続補助。
  • とおせんぼう
    再生力、自然回復、願い事などによるサイクル戦に刺さる。悪あがき自滅狙い。
    ピンポイントだが滅びの歌対策に便利。相手が歌えば自分だけ逃げて勝ち。居座れば毒で封殺できる。
    ホエルオーはうずしおも自力習得できるが、どうせなら永続効果で命中の高いこちらのほうが良い。
  • アクアリング
    スイクンも使えるが零度が使える配布型限定であり、普通の使い手ならとっくに忘れさせていると思われる。
    こちらはHPが高く回復実数値が少し上な程度。
  • じわれ
    スイクンはタイプによる制約が無いぜったいれいどが使える。
  • たきのぼり
    最速でS123にはなり、遅い相手を標的にすればたまにの怯みが狙えたりはする。
    無振りなので誤差レベルではあるが、一応攻撃種族値はスイクン(75)よりも高い。
  • スイクンの劣化?
    机上論だけで語るなら完全劣化。
    最速ホエルオー=S全振りの配布スイクン(のんき)なので、じわれや水技でも零度スイクンの劣化になってしまう。
    一応アクアリングも当てはまるが、
    『絶対零度と神速を忘れさせたまもみがアクアリング配布スイクンなんて、現実問題として存在しないだろ』
    とは言えてしまうレベルなので、この技に関してはそこまで気にしなくていい。

つーかそもそも数年前に配布された限定伝説と一般ポケを比較してケチつけること自体おかしくね?ただ弱ポケ叩きたいだけにしか思えん。
今でも交換で入手可能ですとか、スイクンもアクアリングが使えるとか、今更そんなスイクンがいるわけねーだろ。
改造コピー産が出回っていて、しかもそれを使う前提で考察が行われている本家は正直異常だと思うのだが。
↑ORASレートで過去作産使えないからもう劣化とは言われない!やったねホエルオー!!
↑別名は「ノエルオー」か

トリパ型 節を編集

特性:
性格:れいせい
努力値:特攻252 残り耐久or攻撃252
持ち物:火力アイテム/オボン
技:しおふき/れいとうビーム/ハイドロポンプ/めざめるパワーorじわれ

スカーフ型よりも安定する。この型はシングルよりもダブル型なのかもしれない。
はっきりいってこの型が一番使いやすい。

同タイプでより特攻が高くより素早さの低いオクタンが潮吹き覚えたんだがオクタンを意識する必要ってあるのかな
地割れで簡単に差別化はできるけど
↑耐久で十分差別化できるから意識しなくても良いと思う。
気になるなら地割れ、自爆、ドロポンあたり入れとけば十分。

しんかのきせきホエルコ型 節を編集

性格:ずぶといorおだやか
努力値:防御252 特防252/ HP252 防御or特防252
持ち物:しんかのきせき
確定技:ねむる/ねごと
選択技:じわれ/どくどく/ねっとうorまるくなる/ドわすれ

とりあえず型だけ作ってみた。ガチで使えるなら格上げの方向で。
↑本家では「十分使えるレベルではあるが、他の水耐久ポケモン(特に零度スイクン)の劣化から抜け出せない」との事。

図太いH12BD248で熱湯/地割れ/眠る/寝言@輝石の疑似スイクン型をつくってみたので感想
耐久はべらぼうに高いわけではないが、陽気ガブの逆鱗とか臆病☆の10万を2発耐えるくらいの耐久はある
スイクンでやれと言われればその通りなんだが、ネタにはならない強さは持ってると思う
準伝入れたくない人とか、色スイクン持ってない人にはオススメかも
↑技スペは厳しいが、「アクアリング」とか「みずびたし」も候補としては・・・あり

輝石持ちでも狂った硬さと言うわけではないし、
本家ホエルオーと同じく防御か特防に特化させたほうが使いやすいと思う。
両受けしたいならもう片方を強化できる積み技を入れればいいわけだし。

ねむねご地割れ型 節を編集

特性:プレッシャー
性格:ずぶといorおだやか
努力値:防御252 特防252/ HP252 防御or特防252
持ち物:たべのこし
確定技:ねむる/ねごと/じわれ/のしかかりorとびはねる

のしかかりや飛び跳ねるで相手を麻痺らせ、ねむねご地割れの試行回数を稼ぐ。
使ってないので実用性は要検証。

マッギョが放電、カビゴンやラプラスがのしかかりで上位互換じみた芸当をやってのけるが、
タイプも種族値も違うから劣化ではないだろう。

普通の特殊型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252 すばやさor防御or特防252
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/こだわりスカーフ/オボンのみ
選択技:ハイドロポンプorなみのりorねっとう/しおふき/れいとうビームorふぶき/ハイパーボイス/めざめるパワー/はかいこうせん/りんしょう

満足に扱える技が水と氷だけという潔さ。ハイパーボイスも覚えました。
あのスイクンだって種族値同じ90だし終わっているというわけでも。
まあホエルオーでやる意味は薄いが

普通の物理型 節を編集

性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 すばやさor防御or特防252
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/オボンのみ
選択技:たきのぼり/おんがえしorすてみタックルorのしかかり/じしん/ゆきなだれ/とびはねる/ヘビーボンバー/ころがる/じばく/ギガインパクト
補助技:のろい/まるくなる

技のレパートリーは物理のほうが広い。
ホエルオー=耐久or積み技のイメージが強いので、結構意表が突ける。

これはそこそこに使えた。油断して補助技を使ってくる相手に、
鉢巻ころがるからそのまま無双できたのは面白かった。
まあ耐久型より強いかどうかはまた別の問題だけど。

対受けループ特化型 節を編集

特性:プレッシャー
性格:おだやか
努力値:HP44 特攻44 特防220 素早さ164 残り防御
持ち物:カゴのみ/オボンのみ
確定技:ハイドロポンプ/じわれ
選択攻撃技:うずしお/れいとうビームorふぶき
選択補助技:どくどく/みずびたし/ねむる

ラキグライムドーなどの受けポケモンを対策しつつ、他の耐久ポケとの差別化を図った型。
一撃必殺の撃ちあいを意識して、特性はPPを削るプレッシャー。
炎技を受けて出た時の火傷が恐ければみずのベールでも構わない。

上記の振りかただと、実数値はV前提でH251-A99-B65-C116-D102-S101となる。
努力値が36余っているので残りは防御に振ると良い。

調整の意味を解説すると、
・HP
高いHPを活かして地球投げやナイトヘッドを確6に。
小さなことだが種族値144以上のポケモンにしかできないことなので、ママンボウ以外との差別化につながる。
・素早さ
無振り80族抜き。
エアームドはもちろんのこと、受けループに組み込まれやすい耐久振りのヒードランなんかも抜かせるかも。
・特攻
ママンボウとの差別化要素。
H252D4までのエアームドを、ハイドロポンプでぴったり確2。
Bに振っていなくても向こうの無振りドリルくちばしが超低乱数3、多少Aに振られていても2発は耐えるので後出しから狩れる。
少ないケースだが、ブレイブバードだった場合はA無振りだとギリギリの確3、少し振られていると乱数2になるので対面からでないと辛いかも。
H252D4のグライオンは冷ビで75%程度の中高乱数1なので、威力の吹雪とはお好みで。
他にも氷技は後続に竜がいた場合に負荷をかけられるが、補助技を多く入れたいなら同条件のグライオンを中乱数1で倒せるハイドロポンプ一本でも構わない。
・特防
Hと合わせて、無補正全振り眼鏡ラティオスの流星群を確2。
ただラティオスはあくまで目安なので、彼については流星を読んでのねむカゴで一度だけ流せるくらい。
これだけ振ると大抵の一致10万は耐えるので、地割れでのワンチャンスが狙いやすくなる。
普通流れる相手だが、持ち物なし特化ヒードランの大文字は確4、マグマストームは継続ダメージ込みで確3。
D補正無しの全てのドランがこちらのドロポンで確2なので、速さで勝っていれば受け出しからなんとかなる。

基本的な立ち回りとしては、受けループ重視と思われるパーティに繰り出して、要になるポケモンを潰していく。
ラッキーやレジスチルといった相手には地割れ頼りになるが、固定ダメージ技と毒が頼りの相手なら地割れ連打→頃合いを見て眠るでだいぶ持たせられる。
対耐久水でも相手のメインウェポンをおおかた抑えられる。
ただしウォッシュロトムが無理なのは、耐久水のご愛嬌。
後続にナットレイあたりがいるとだいぶ安定しそう。

この型は現在作っている最中で、実は全てまったくの机上論。
実際の運用はまだなので、もし試してくださるホエルオーマスターさんがいらっしゃれば使用感を伺いたいところ。
↑冷ビはいらないんじゃないかな?計算したらグライオンは同条件でドロポンでも43.8%の乱数だし、対龍は後続のナットレイ@ゴツメで受け切れそう。ガブの文字?しらんなあ
んでもって空いた技枠には渦潮や毒毒、水浸しがいいかも。渦潮いれて1-1交換できればそこで受けループとしてのサイクルはがたがたになるし、毒毒は地割れだけだと身代わり等で厳しくなるラッキーにぶっ刺さる。水浸しはオボン持ちにすることでおおよそ確定数が一発ずれるようになるっぽい。流し性能もわりと高いので、地割れの試行回数を増やせるのは大きいポイントかと。一応ナットレイと組むなら後続補助にもなる。
例)スカーフネオガブ(補正無し172振り)のげきりん!
  ・げきりん→オボン発動→げきりんで確定2
  ・げきりん→オボン発動→水浸しげきりんで約17%の低乱2
↑貴重なご意見ありがとう。
単体で竜まで対策することを考えないなら、確かにドロポンだけでも良い気はする。
水タイプに竜は迂闊に出てきにくいだろうし、対身代わりのほうに重点を置いて毒々を持たせたほうが有用性は高いだろうか。
水浸し+オボンを持たせて耐えられる攻撃が増えるなら、ねむるを外してそこに渦潮を入れるのも面白いかもしれない。
技候補に追加させていただいた。運用までまだ少し時間がかかりそうなので、戦績の報告は今しばらくお待ちいただきたい。

ここにこれに近い型の育成論来てるね
評価低めだけど読みやすいから参考までに