ヘルガー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ヘルガー/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

特殊耐久型 節を編集

特性:はやおき
性格:おだやか
持ち物:オボンのみ、カゴのみ、たべのこしorしめつけバンド、ヘルガナイト
努力値:HP252 特防252
確定技:ねむる
準確定技:バークアウト
選択技:わるだくみ/どくどく/おにび/うらみ/ちょうはつ/いちゃもん/かえんほうしゃ/イカサマ/ふいうち/みちづれ
ロマン派技:ほのおのうず/オーバーヒート

特殊耐久なのはいくら鬼火があっても種族値と弱点からして物理受けが難しそうだったから。
できそうなら誰か加えてください。

とりあえず特殊アタッカーにバークアウト。
不一致きあいだま、たとえゾロアーク、ゲンガー、フーディンが打ってきたとしても耐え、
バークアウト+オボン+ねむるから粘れる。
隙ができたら他の技を使って相手を撹乱しつつ攻め落とす。
ラティオスクラスはキツイ。

早起きとはいえ、ねむるで1ターン隙ができる。それを嫌うならカゴの実。
一回きりだが結構役立つ。

悪/炎タイプがヘルガー固有とはいえ炎・悪単独で見ると優秀な耐久がたくさんいる。
そいつらとの差別化が重要になると思う。
素早さが高いのはいいが上を行くウルガモス特殊耐久型が気がかり。さらにあちらは蝶舞してくる。
ズルズキンなんかと違っていきなり挑発される心配がないのが利点といえば利点。
怒りの前歯は差別化には丁度良いが今のところバークアウトと両立不可。

炎の渦は安定しない。特に命中が問題。
渦+悪巧みや挑発、怨みなんていうコンボも一応できる。
渦+どくどく+守るなんかは他でやれと言われるので注意。
悪巧み+オーバーヒートは普通のアタッカー型でやったほうが効率よさそう。

・対水タイプ
アタッカーは無理だが、無振りミロカロスの波乗りでやっと確2になるぐらいの耐久はある。
ただしミロやスイクンには耐久力で押し切られる。
狙うならブルンゲル。運無振りの場合は危険だが。
スカーフ潮吹きは特攻無補正252振りで乱1。運良く生き残ればオボン+バークアウトで勝機はある。

とりあえず ねむる/バークアウト/かえんほうしゃ/わるだくみ の構成はそれなりに使えた。
しかしコレだとウルガモスの劣化臭い。
やはり前歯は重要かも。バークアウトで流せるのでそこに打ち込みたい。何故技マシン解禁しないし。
教え技復活の場合前歯使いが大量増殖しそう。ズルズキンがいかにも覚えそうで怖い。

バクオング他防音に注意。バークアウト無効。

Sと耐久が上がるメガシンカを候補に追加。
また物理ATが出て来たり使用済みになったらみちづれも。
↑メガシンカ後はねむるが使いにくくなることに注意。
先制鬼火で物理もある程度受けれるようになるが…

メガシンカ他力本願型 節を編集

特性:もらいび→サンパワー
性格:おくびょう
持ち物:ヘルガナイト
努力値:素早さ252 特攻252
確定技:めざめるパワー(岩)/悪技/炎技

自分で晴れにするのではなく、環境に多い相手のメガリザードンYに晴らしてもらって攻める型。
とりあえず、リザYを倒すためにもめざ岩は確定。

相手が出してこなかったりメガリザードンXだった場合は知りません。
それでも普通の特殊アタッカーとして使えるのは救いか。
他の手持ちでにほんばれをしてから降臨してもOK。