フリーザー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

フリーザー/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

こだわりスカーフ型は第五世代と同内容であるため割愛。
第五世代フリーザーにあります。

ゆきがくれ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:素早さ252 耐久調整 残り特攻
持ち物:たべのこしorひかりのこな
確定技:ふぶき
選択肢:ぜったいれいど/はねやすめ/かげぶんしん/みがわり

今のところ作られてないから取り敢えず製作しました
第六世代ポケモンスクラップで解禁。
素早さが低いためメノコとの差別化には零度が必要か

物理型 節を編集

性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 残り耐久or素早さ
確定技:ゆきなだれ/こおりのつぶて
選択技:つばめがえし/ゴッドバード/とんぼがえり/ぜったいれいど/はがねのつばさ/いわくだき/おいかぜ/はねやすめ
持ち物:こおりのジュエル/いのちのたま/パワフルハーブ

弱点付ける奴らにぎゃふんと言わせようぜ

考えられる問題点
・ゆきなだれが後攻技であるため、一撃耐えなければいけない
・素早さがアレ過ぎるためとんぼ返りが使いにくい
・ゴッドバードの為に持ち物欄使っていいのか
・最終的に絶対零度しかない

ミロカロスを落としたときは流石に笑った

つばめがえしは確定じゃなくていいんじゃね。
ほぼサブウェポン状態。

プレッシャー型 節を編集

性格:耐久↑
努力値:HP252 耐久調整
確定技:はねやすめ/かげぶんしん
選択技:まもる/しんぴのまもり/ねむる/みがわり/リフレクター/こおりのつぶて/れいとうビーム
持ち物:ひかりのこな等耐久系

どくどく、やどりぎを食らうとどうしようもなくなるのでみがわりもアリだが、そこまでやってる時間はない
プレッシャーなので決まれば2匹くらいはもってく

はねやすめ/かげぶんしん/まもる/こおりのつぶて(pp48)@ひかりのこなで使ってる。友達が減った
↑まもるのかわりに絶対零度入れて使ってるが当たるかどうかは別として絶対零度を撃つ回数を確保できるので
なかなかおもしろい。運ゲだけど。
↑↑はねやすめ/かげぶんしん/ほえる/ぜったいれいど@ひかりのこなで使ってる。みがわり持ちの耐久ポケにひと泡吹かせられる。
嫌な戦法だけど、実戦で意外と活躍した。プレッシャーも、長期戦で活きてくるし。

虫けらをじわじわとなぶり殺すんですね

昆布型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:HP・素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
技:こころのめ

フリーザーの心眼零度の知名度の高さを逆手に取って、心の眼による擬似的な交換強制力を働かせ、あらかじめ撒いておいたまきびしやステルスロックを踏ませる。

現実:早すぎて普通はスカーフ持ちだとばれます

↑思ったんだけど、これをスカーフじゃなくして吠えるを持たせたらどうだろうか?
こころのめから逃げてステロ踏ませた後、更にそのターンにそいつまで入れ替えさせて1ターンで2回ステロを踏ませられる。
性格や努力値を耐久寄りにすれば中々面白い活躍できると思うんだけど…

弱点保険型 節を編集

性格:耐久↓以外
努力値:HP252 他は調整
持ち物:じゃくてんほけん
攻撃技:こおりのつぶて/フリーズドライ/れいとうビームorこおりのいぶき/ぜったいれいど/ぼうふうorエアカッター/みずのはどう/げんしのちから/めざめるパワー(炎or地)
補助技:はねやすめ/こころのめ/みがわり/おいかぜ/くろいきり

高い耐久と数多い弱点を活かして返り討ちにする型。
特殊攻撃やサブ2倍程度だとなかなか耐えてくれるが、岩技や一致物理超火力には押し切られてしまうので注意が必要。
積みアタッカーや鈍足高火力アタッカー用に絶対零度を忍ばせておいた方がいいかも。
攻撃も上がるので礫もありだけど、とんぼ返りは不向きか?

ノリーザー型 節を編集

性格:おだやか/しんちょう/ずぶとい/わんぱく
努力値:HP220or236 素早さ調整 残り防御or特防
持ち物:たべのこし
確定技:みがわり/まもる/はねやすめ
選択技:ぜったいれいど/れいとうビーム/フリーズドライ/どくどく

他のプレッシャー型とは違い、あくまで攻撃を受けてPPを削る型。
みがわりを張り、まもるで時間を稼ぎ、隙を見てはねやすめで回復するのが基本的な立ち回りとなる。

体力の努力値は実値193か195になるように調整、これによりみがわりの試行回数が最大になりたべのこしの回復効果も高まる。ついでにステロを2回耐える。素早さは役割上厚く振れないので最低限同族抜き、最高でも4振りFCロトム抜き調整にしておけばいい。
残りは役割に応じて防御か特防に振る。防御に振れば広く相手を受けられ、特防に振れば多少苦手な特殊ATも受けられるようになる。

みがわりが壊れないタイミングや流し際を読んで攻撃技を刺す。
技は基本的にぜったいれいど推奨。確実にダメージを入れたいなら冷ビやフリーズドライもいいが零度と比べるとどうしても見劣りがする。どくどくも候補に挙がるがパーティの他のメンバーに任せてもいい。

挑発・昆布・すり抜け・頑丈など止まる要素は多いがうまく嵌れば相手を完全に詰ませることができる。