ピジョット/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ピジョット/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

通常ピジョット型 節を編集

物理型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ
技候補:すてみタックル/おんがえし/ブレイブバード/リフレッシュ/でんこうせっか/はがねのつばさ/みがわり/ゴッドバード/おいかぜ/とんぼがえり/はねやすめ/しぜんのめぐみ/オウムがえし/ついばむ

ほぼ劣化ムクホーク。XD限定でリフレッシュを一応覚え、特性も一応違うのだが。

特殊型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりメガネ
技候補:エアスラッシュ/ねっぷう/ぼうふう/さわぐ/めざめるパワー/でんこうせっか/とんぼがえり/おいかぜ/みがわり

トルネロスとはページの技、ペラップとは威力60を超える飛行技、オオスバメとはぼうふうとねっぷうの両立で差別化出来るが、彼らを使った方がいい場面の方が多いだろう。

天候型 節を編集

特性:ちどりあし
性格:おくびょう
努力値:特攻252素早さ252
持ち物:あついいわ/しめったいわ
確定技:ぼうふう/ねっぷう/あまごい/にほんばれ

うむ、これで差別化成功だな……トゲキッス?誰それ?
岩タイプにはもとから対抗できないし、雨を降らせて後続につなげよう。
↑XYではキッスはフェアリータイプになったから、タイプでの差別化ができるのであれば差別化はできたことになるはず

げきりん返し型 節を編集

特性:ちどりあし
性格:ゆうかん
努力値:HP84 攻撃252 特攻156 素早12/防御or特防4
持ち物:ドラゴンジュエル/こだわりハチマキorこだわりメガネ
確定技:オウムがえし/おいかぜ/とんぼがえり
選択技:でんこうせっか

相手ドラゴンをげきりんオウム返しで倒して悦にひたる型。
ドードリオでもあるが、ピジョットの方が防御面で優れているので考えてみた。
実数値は個体値が全てVなら「169-145-95-110-90-101」
努力値は6だけ余るので、防御か特防に振るか、足りないステータスを補う。
性格は他に下げたいステータスが無いため、不本意ながらゆうかんを選択。

この振り方。防御面はマンダのりゅうせいぐん、オノノクスのげきりんを確定で耐えることができる。
攻撃面はジュエルオウムがえしげきりんでオノノクスを確定1発、ガブリアスを乱数1発。
さらにジュエルオウムがえしりゅうせいぐんでボーマンダを確定1発、サザンドラを乱数1発。
素早さはせっかくなので、おいかぜで130族抜き。相手を一撃で倒すことにこだわらないなら、
攻撃補正を下げてスカーフドラゴンが抜けるように調整するのもいいかもしれない。

戦法は初手おいかぜを使い、相手の逆鱗流星群を耐えた後にオウム返しで返り討ちにするのが基本。
特性ちどりあしなら、げきりんの混乱で回避率が上がるのでお得。
もし使ってこなくてもおいかぜ、とんぼがえりができれば最低限の仕事はできる。
またスカーフりゅうせいぐんを警戒するなら、追い風を使わず、
初手オウムがえし→でんこうせっかで撃破するという手もある。

実用性は限りなく低いが、耐久調整の目安としてだけは割とガチかもしれない。
何より、相手もまさかピジョットに倒されるとは思うまい。

オノノクスは陽気前提。オノノクスが補正ありなら、H212かB↑H84で耐えることができる。

メガピジョット 節を編集

晴れパ用型 節を編集

特性:ノーガード
性格:おくびょう
努力値:h4 c252 s252
持ち物:ピジョットナイト
確定技:ぼうふう/ねっぷう
選択技:はかいこうせんorさわぐ/めざめるパワー(氷or地)/とんぼがえり/にほんばれ

晴れ状態だと命中50になるぼうふうがノーガードのおかげで必中、ねっぷうの威力が上がるので晴れパに向いてる(かもしれない)
↑しかし無飛炎だと全部岩で半減されるんだよな…めざ地も威力足りないし。
↑別に一人で戦うわけじゃないし晴れパなら周りにソラビ撃ってもらえばいいじゃないか?

物理受け型 節を編集

特性:ノーガード
性格:ずぶとい
努力値:HP252 s調整 残り防御
持ち物:ピジョットナイト
確定技:ぼうふう/はねやすめ
選択技:どくどく/フェザーダンス/ふきとばし

微々たるものだが、さりげなく耐久も上がる。
ぼうふうの追加効果で混乱が狙えるのがおいしい。