パルシェン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

パルシェン/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

キノガッサ潰し型 節を編集

性格:ようき
特性:スキルリンク
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:AS252
確定技:つららばり/ねごと この2つだけ

本家のキノガッサ対策の項から。

キノコのほうしに後出しするのが目的。無論、対面できればスカーフ以外のあらゆる型を確殺する。
ただし、岩石封じ、マッハパンチ、タネマシンガンのすべてで抜群を取られるので、
後出しするときは「攻撃技よりもキノコのほうしが優先されるポケモン」で技を誘導する必要がある。

からをやぶる特殊型 節を編集

性格:ひかえめ、おくびょう
特性:シェルアーマーorぼうじん
持ち物:きあいのタスキ、各種ジュエル、こだわりスカーフ等
努力値:C252、残り調整
技:からをやぶる、ハイドロポンプorなみのり、ふぶきorれいとうビーム、めざめるパワー(電気、草等)、シグナルビーム等

意外と無かったようなので作成。
ひかえめC252振りならH252メタグロスを殻破り後ドロポンで超高乱数で1発にできるなど、鋼では止まりにくい。
襷、頑丈は潰せないが元が強いのでそれなりには戦えるだろう。
ちなみに、苦手なニョロボン、エンペルトは殻を破ってもめざパ電で確1にできない。

↑ジュエルを持たせれば確1。HP振りのヤドラン、ブルンゲル、スイクンも殻を破る→ジュエルめざパ→アイテムなしめざパで圏内。
あとつらら張りを持たせたらタスキ持ちの可能性のあるポケモンも問題なく潰せる。無振りでも破れば火力は十分過ぎるほどある。
実際に運用してみたが、破れれば3タテも可能なほどだが、タスキがないと意外なほど破る機会がない。サポートがあればなんとかなるが。
連続技の火力を落としてタスキ頑丈に弱くしてまで特攻に振るメリットは普段勝てない相手に勝てるようになること、ここに尽きる。

でも実際はメインウェポンのドロポン外してorzってなったりウォッシュロトムやランターンで止まっちゃったりする

からをやぶる耐久型 節を編集

性格:防御↑ 特防↑
特性:どちらでも
持ち物:しろいハーブ
努力値:HP252 防御or特防252 すばやさ調整
確定技:からをやぶる
選択技:てっぺき

相手の攻撃を高い防御で受け、殻を破ることにより決定力を補う。
死に出ししか出来ず一度止められたら終わりの襷アタッカーに比べて、
後出しから何度でも繰り出せるのが強みに。なってくれることだろう。
↑個人的には面白いと思った。ただ一度からやぶしたらこちらもそう出し入れ出来ないが。
特殊耐久とタイプで受けは多少不安だけど、からやぶ持ちの中じゃ足は一番だし。
かといって無振りじゃほとんど抜けないのだが抜きたい仮想敵とかいるだろうか

まさかの耐久型 節を編集

特性:シェルアーマー
性格:わんぱく/ずぶとい/のうてんき
努力値:HP252 攻撃or特攻調整 残り防御
持ち物:半減実/たべのこし/オボンのみ
確定技:れいとうビームorつららばり
選択技:なみのり/こおりのつぶて/だいばくはつ/どくどく/まきびし/どくびし/てっぺき/みがわり

柔らかい印象があるが実は防御種族値は180もある。これはなんとツボツボ、レジロック、ハガネールに次ぐ4位!。
またシェルアーマーという守備に適した特性を持っていることは、あまり知られていない。
その上撒菱や鉄壁といった個性的な補助技を持っており、サポートにも役立ったりする。
このように意外にも耐久型に適したポケモンである。シェルアーマーパルシェンが使われる未来も、そう遠くないに違いない。
↑シェルブレぶっぱとか考えてるけどH50D45じゃなあ・・ 無振りじゃほぼ即死だろ
↑↑ひょっとして性格候補に能天気が入るポケモンってこいつくらい?
↑「耐久重視」で「二刀」で「Sは必要だけどDはいらない」型っていうのもなかなか思いつかないww

HB全振りした場合持ち物なし陽気A252アーケオスの諸刃の頭突きですら確定で耐える

撒き型 節を編集

性格:わんぱく
努力:HP252 防御252
持ち物:きあいのタスキ
特性:シェルアーマー
技:どくびし/まきびし/だいばくはつ/攻撃技

クリスタル時代に流行ったとされる、まきびしをばら撒くパルシェン。
お供にはほえる持ちライコウ。

現環境で再びラッキー等、サイクル重視の耐久型が暴れまわっているため、
一巡して使えるようになったかもしれない。
↑最近また流行ってるみたいだな。サイクル耐久の対策にもなるし、耐久する側が使ってもいいし

ハチマキ型 節を編集

特性:スキルリンク
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:攻撃252 素早さorHP252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:つららばり/ロックブラスト
選択技:シェルブレード/こおりのつぶて/だいばくはつ/どくどく/ねごと

主に砂パ対策用のパルシェン。
対カバドリを想定すると、カバルドンには吠えるがあるため積みづらく、
殻を破る使用後でもドリュウズに上から叩かれてしまう。これを鉢巻で解消する。
また、天候ダメージをくらわないので襷もちが多い氷,地面タイプから抜群をとって一撃で倒せるのも強み

・攻撃調整目安
A136(164、補正68)=氷柱針で無振りドリュウズ確1
A147(252.補正148)=無補正極振り程度だと礫で205ガブがほぼ2発(6.3%の乱1)、無振りガブは(3/4)乱1
A161(補正252)=特防特化オボンカバが氷柱針で最低乱数5発を除き一撃
無振りドリュの身代わりが氷柱の1発で(12/16)で壊せる(2発かかっても残り3発で倒せる可能性も現実的)
207-142オボンブシンが砂ダメ1回込みで確2(後出しを許さない)

・耐久調整目安
耐久振りなら多くの物理アタッカーに強気に出していけるようになる。
H153-B220で(わんぱくH220振り)でA182(陽気A252振り)ガブリアスのエッジ2耐え。
同条件の逆鱗ならH147-B201(無補正H172B4振り)で2耐え。
砂ダメ1回込みで無補正ガブのエッジを耐えるには補正有りでHに252とBに68振る必要
HP極振りのみで特化ドリュの剣舞地震+砂ダメ2回を確定で耐える。珠ドリュは防御特化でも同条件を確定では不可能。

・素早さ調整
陽気最速にすれば中速ポケモンを上から叩く事が出来る。キノガッサと同速運ゲーも可。

毒びし型 節を編集

特性:スキルリンク
性格:ようき/むじゃき
努力値:素早さ252 攻撃252 or HP,攻撃,特攻,素早さ調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:どくびし/からをやぶる/つららばり/ロックブラストorハイドロポンプorなみのり

毒びしと味方のボルトロスやバシャーモでのみがまもを勝ち筋とするパの始動役となる型。
基本型とは趣旨が異なるため独立。

ハイドロポンプはヒードランをはじめとする毒びしが効かず、
ボルトロスが有利ではない鋼に対するウェポン。バシャーモと組む場合は不要。

氷柱針/波乗り/毒びし/殻を破るで運用してみたが、特殊水技を採用した場合物理技が1つとなり、攻撃全振りする旨みに欠ける上、毒びしするだけで積まないことも多々なので、攻撃252振りは確定ではなくて良いと思う。
もちろん、毒びしに固執せず汎用的にエースを任せるならA252振りでもいいのだが、初手に毒びしを使った場合に限って言えば、A4振りで運用しているが火力があまり気にならない。
理由は、初手毒びしの際に攻撃された場合はパルシェンを捨てることが多いので火力は不要、初手に交代された場合は不利な相手の体力を削るか、パルシェンを引いて温存する(再登場時は中盤以降なので、相手は多少削れていることが多い)のいずれかとなるため。
A4振りでも4倍竜や耐久無振りラティオス、H155B114キノガッサは確定5発以下(一撃)だし、そもそも先発でパルシェンを前した竜はたいてい引く。
そして殻を破って氷柱針するにしても、等倍以上の相手で困ることは少なく、困ったのはエンペ、ブルン、鋼など、A全振りしていても困る相手がほとんどだから、範囲や特殊火力の低さに泣くことはあっても物理火力の低さに嘆くことは少ない。
ちなみに配分は無邪気 172-4-4-76-0-252(実数値:147-116-201-115-58-134) 氷柱針/波乗り/毒びし/殻を破る@タスキ。
技はパルボルトで困るヒードランに隙を見せたくないので身代わりを確実に壊せる波乗りを採用し、配分は殻を破る1回でH195(16n+3)ヒードラン確1調整、A182ガブリアスの逆鱗2発耐え(後だし可能)にしてある。
波乗りとハイポンの選択は、確かに抜く際に命中が安定するのは心強く、みがまもヒードランと対峙し勝てた一方で、ハイポンなら2発で落とせるH252D196のメタグロスやハッサムといった鋼にランク+2波乗りを2発耐えられるのでどっちもどっち。

ぼうじん特殊型 節を編集

性格:おくびょうorむじゃき
特性:ぼうじん
努力値:CS極振りベースで調整
持ち物:きあいのタスキ
選択技:ハイドロポンプ/れいとうビームorつららおとし/めざめるパワー(草)/からをやぶる

この型のメリット
天候ダメージを受けないので、安定してからをやぶるを使用できる。できればひかえめで採用したかったが、スカーフラティオスを抜きたかったのでおくびょうで採用。
砂パーティや受けループパーティを1体で壊滅させることができるのが、めざめるパワー(草)を採用する大きなメリット。特に、バンギラスに絶対にタイマンで負けないのが強み。因みにひかえめだとHP振りのバンギラスをからをやぶる使用後に確定1発で落とせる。のちにダメージ計算は載せておくが、臆病でもハイドロポンプで高乱数1発。そのため、なみのりは不採用。
↑バンギは特防特化が少なくなく(受けループだと特に)無振りエッジは殻破り時確2(岩雪崩は確3)
タスキ電磁波型なども存在し、そもそもハイポンの命中が80なので絶対負けないわけではない。
特性の優位点は対砂パのみであるのに殻破っても砂ドリュを抜けないのが厳しい。
性格に無邪気を追加し、氷技の選択肢に氷柱落としを追加(火力は下記)
↑身代わり持ちのガブリアス用につららばりは候補にならないかな
↑この型はガブと対面するときには手負いで破ってることが前提となるように思う。
そう考えたら身代わり貼られる前に冷Bブチ込めばそれでいいんだから要らない。

この型って特殊である必然性あるの?
Dに厚く振ってるバンギは居てもBに厚く振ってるバンギは殆ど居ないし、
バンギを意識するなら意地っ張りASのシェルブレードでもいい気はするんだけど。
選択肢に氷柱落としなんて選択するなら尚更。

ダメージ計算
(からをやぶる使用後前提)
・ハイドロポンプ
  HP振りバンギラス高乱数1発(93.8%)
  HP振りローブシン確定1発
  こだわりメガネ持ちラティオスのりゅうせいぐん耐え調整ヒートロトム確1
・れいとうビーム
  HP振りラティアス確定1発
  HP振りボルトロス確定1発
  こだわりメガネ持ちラティオスのりゅうせいぐん耐え調整サンダー確1
・つららおとし
  図太いB252ハピをA12振りで確2
  A182ガブの鉢巻逆鱗耐え調整サンダーをA無振りで確1
・めざめるパワー(草)
  特防特化リンドのみ持ちラグラージ確定2発
  HP振りラグラージ確定1発
  特防特化リンドのみ持ちトリトドン確定2発
  こだわりメガネ持ちラティオスのりゅうせいぐん耐え調整トリトドン確定1発
  H252振りスイクン確2