ゴルダック/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ゴルダック/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

物理型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252・素早さorHP252・耐久6
特性:ノーてんき/すいすい
持ち物:いのちのたま/半減の実/ラムの実等
確定技:たきのぼりorアクアテール
選択攻撃:アクアジェット/しねんのずつき/クロスチョップ/ばくれつパンチ/ローキック/れいとうパンチ/なげつける
補助技:アンコール/いやなおと/ひかりのかべ/あやしいひかり/さいみんじゅつ/あくび/つめとぎ

Ptでれいとうパンチとアクアテール、アクアジェット習得。
ゴルダック始ま・・・らないねまだ。

エスパーがつけば、水/エスパーの物理アタッカーになれる・・・かも。
しねんがタイプ一致になるだけだが。

BWでつめとぎを習得し、ついに物理型もネタとは言えなくなってきた。
ただしつめとぎ後でも技威力の差の関係で、相手の防御と特防が同じな場合は特殊型とダメージ差がほとんどない。
物理型は稀なので、特殊受けに交代されたらラッキーぐらいな感じで運用すると吉。

ちなみにつめとぎ後だと、催眠術の命中が79、ばくれつパンチが66、クロスチョップが106、アクアテールが119。
ついでにHGSSで習得したアンコールも追加。

つめとぎ催眠型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり/おくびょう/ひかえめ/せっかち/むじゃき
努力値:攻撃or特攻252 素早さ252or調整 残り耐久
持ち物:こうかくレンズ/たつじんのおび/オボンのみ/たべのこし
確定技:つめとぎ/さいみんじゅつ
物理技:アクアテール/クロスチョップorばくれつパンチ/アクアジェット/れいとうパンチ
特殊技:ハイドロポンプ/きあいだま/ふぶき

つめとぎとさいみんじゅつを両立できる数少ないポケモン、水タイプではゴルダックだけ。
この点と特性によりすながくれ、ゆきがくれの影響を受けない点などが利点となる。
さいみんじゅつを入れない積み型ならめいそうの方が安定する。
しかし、それではスイクンやヤドランといった大きな壁が存在する。

相手をねむり状態にしたあとは、さらにつめとぎを積むより、即座に攻撃に移るのが無難。
居座るほどの耐久やすばやさでもないため、流せる相手に繰り出す事を心がけたい。
水タイプを活かせば流せる相手はそこそこにいる。

予想だにしていなかったのが原因とは言え、爪研ぎ/催眠/身代わり/ローキック@食べ残しのコイツに酷い目に合わされた
考えてもみれば何もしなくてもこれに等しい状態を常に維持しているんだからそりゃ強いわな、あのきのこ

物理攻撃と特殊攻撃の比較
つめとぎアクアテールハイドロポンプ
つめとぎれいとうパンチふぶき
つめとぎクロスチョップきあいだま
主要な技を比べると2対1で物理の方が高いものの、水技と補完に長ける氷技では特殊の方が高火力。
メインウェポンの水技は、つめとぎ後のアクアテールの威力がわずかに高いとはいえほぼ誤差レベル。
したがって努力値を特殊振りにして命中を高めた高威力の特殊攻撃で攻めるのもいい。
攻撃振りの場合アクアジェットの威力があがるのが大きな利点。
どちらにせよ仮想敵によりけり。

無限型 節を編集

特性:すいすい
性格:ようき/いじっぱり
努力値:HP16n+1調整 素早さ252or調整 攻撃調整 残り耐久
持ち物:たべのこし
確定技:つめとぎ/さいみんじゅつ/みがわり
選択技:たきのぼりorアクアテール/ローキック/クロスチョップ/シャドークロー

特性すいすいの高い素早さと2回爪とぎさえすれば確実に当たる催眠術に
食べ残し・身代わりによる擬似無限ガッサ。
キノガッサとの最大の差別化要素は爪とぎによる攻撃上昇にある。

爪とぎ採用により攻撃技を1つしか持てない。タイプ一致は特性貯水に無効化される上、
ニョロトノ採用時点で相手は対雨パ選出となるため他の技も選択肢。
ローキックは天候を上書きされた際も役割遂行できる点が優秀。

雨メタでもあるブルンゲルが鬼門。

みがしば型 節を編集

特性:ノーてんきorすいすい
性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:たべのこし
確定技:ねっとう/みがわり/かなしばり
選択技:れいとうビーム/きあいだま/アンコール/めいそう/どくどく

5世代wikiより。
身代わりを絡めながら金縛りで相手の有効打を封じることでアドバンテージをとっていく型。
単水タイプは、相手の一つの技を封じたら身代わりを壊す手段がなくなることが多い。
すいすいならほとんどのポケモンを抜き去れるが、天候パメタのノーてんきでも十分機能する。

  • すいすい
    雨可でその速さから身代わり、金縛り、アンコールを使い分ける。ニョロトノと相性こそ被るものの、
    たとえばナットレイ相手だが、普通のナットレイは身代わりを壊す手段がパワウィしか無いので、いったんみがしばを決めたら安全に身代わりを決められる。
    金縛り読みで中途半端な攻撃をしてきたらアンコールがあるので、相手がブルンのような回復持ちだろうが封殺できる。
    うまく読まれて交代を駆使されるときついので、ステロがまいてあると心強い。
    また、該当する仮想敵が思い浮かばなかったためHPに132ふったが、身代わりが壊れないように耐久調整するのもアリ。

ねむカゴめいそう型 節を編集

特性:ノーてんきorすいすい
性格:ずぶとい/おくびょう
努力値:HP252 防御or素早さ252
持ち物:カゴのみ
確定技:ねっとう/めいそう/ねむる
選択技:れいとうビーム/きあいだま/アンコール/かなしばり/みがわり/どくどく

5世代wikiより。
瞑想を積んで眠る型。単水タイプでこの素早さからコンボを仕掛けられるのは、禁止級のカイオーガを除けばスイクンとゴルダックのみ。
耐久型で85族はかなり速い部類なので、自分より遅い特殊型を広範囲で詰ませられる。
単純なスペックだとスイクンの劣化なので、ノーてんきといった特性や、優秀な補助技で差別化していきたい。

攻撃技
  • きあいだま
    覚えさせればスイクンとの差別化になる。
    氷と鋼、水に対して遂行速度が早まるものの、冷凍ビームがほしい場面も多く必須技ではない。
  • サイコショック
    特殊受け・クラゲ対策。水に等倍で通る。サイコキネシスを使うなら威力の同じハイドロポンプでいい。
補助技
  • アンコール/かなしばり
    用途の広い補助技。スイクンと差別化できる。
  • みがわり
    一撃技対策。零度スイクンより速ければ、これがあるだけで落とされなくなる。
  • なやみのタネ
    ねむる持ちスイクンピンポイント。残念ながら挑発は覚えられないので苦肉の策。
    貯水ポケに突破手段が持てたりと、単純に相手の特性を変化させる技としても使えなくはない。