キュレム/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

キュレム/ノート [編集]



議論・提案スペース [編集]


型考察(ネタ・マイナー) [編集]

+  さかさバトル

通常キュレム [編集]

フォルムチェンジした場合の技の変化

通常キュレム→ホワイトキュレムブラックキュレム
こごえるせかい→コールドフレアフリーズボルト
こわいかお→クロスフレイムクロスサンダー

通常キュレムはフォルムチェンジキュレムに勝る点がほとんどない。

  • 通常キュレムのこごえるせかい<ホワイトキュレムのこごえるかぜ
  • 両刀にするメリットがほとんどない上に、A+Cが通常(130+130=260)<FC(170+120=290)
  • ターボブレイズテラボルテージを捨ててまでプレッシャーを採用する理由がない
  • こわいかおの優位性がない

物理型 [編集]

性格:ようき
持ち物:こだわりスカーフ、こだわり鉢巻、命の玉、各種ジュエル、半減実
努力値:素早さ252、攻撃252、HP4
技:げきりんorドラゴンクロー/ストーンエッジ/ドラゴンテール/つめとぎorふういん/がむしゃら

本家で物理か特殊か分からないのが強み、とあるものの本家にない物理型
こうして見ると本家に型としてないのも無理はない技の狭さで
格下の600属ドラゴンの劣化と言われてもおかしくはない
なんせドラゴン技二つ入れるぐらい技がないのである(氷物理技を1つも覚えない)
(もっとも、テールは純粋な攻撃性能を期待する物ではないが)

とはいえこいつの攻撃数値は優秀で、また伝説戦では特殊振りが多いため
物理構成の方が下手すりゃダメージが期待できそうではある
氷技がないのだが、伝説は氷一倍のドラゴンも多く、なかなか氷技を撃つ機会がない
ネタポケの構成としてはそれなりに実戦的であり、ネタとして全然笑える部分がないのだが
本家に書いたら100%「ネタウィキ行け」と言われる型であろう
↑BW2での教え技や新レベル技で氷物理を得れば、本家行きも夢ではないと信じてます
↑冷パンか何か覚えると信じてたのに…(´;ω;`)

耐久嫌がらせ型 [編集]

性格:ずぶとい/おくびょう
努力値:HP252 防御or特防or素早さ調整残り防御(おくびょうの場合のみ)
持ち物:ラムのみ/各種半減実/たべのこし/ゴツゴツメット/じゃくてんほけん
確定技:まもる
選択攻撃技:りゅうせいぐん/そらをとぶ/こごえるせかい/がむしゃら/きあいだま
選択補助技:ふういん/みがわり/ねむる/いばる/どくどく/あられ

通常キュレムの実用性に関する提唱が無かったので本家から移転

種族値自体は悪くない。
せっかくのプレッシャーで高耐久だからまもみがでPPクラッシュ。
威張って良し毒撒いて良し、どくどくなら毒と鋼、霰なら氷以外にダメージ。
そして封印で相手の耐久型や嫌らしい奴を排除も出来る。
ふういんを使って攻撃技を縛る場合は臆病推薦。
同速にはレックウザがいるので最速でも良いのだが、
キュレムを前にすると逃げることが多いので最速90抜き調整でもよい。
無論、こごえるせかいで素早さを下げて耐久に振るのも良い。
解禁戦で飛び交う流星や弱点の気合い球を縛れたらおいしい。

体力が減ってきたらがむしゃらかねむるがよい。がむしゃらならたべのこしは不要。
挑発が怖いならこごえるせかいを投入しておけば倒れても後続のサポートにもなる。
そらをとぶは萎え型ギラティナからのパクリ。要らないかも知れない
ただ弱点がメジャーであると同時に技次第では劣化ギラティナなのはキツイか

どうしてもFCキュレムではなく通常キュレムを使いたいのであれば、例え他でやれと言われようともこの型のようにプレッシャーを活かすしかないだろう。
弱点がメジャーで耐久がそこそこあるので弱点保険も使いやすいかもしれない。

対90族型 [編集]

性格:せっかち
努力値:素早さ252or90族抜き調整 特攻252 残り攻撃
持ち物:こだわりメガネorこだわりスカーフorいのちのたま
確定技:こごえるせかいorれいとうビーム
選択技:きあいだま/りゅうせいぐん/ストーンエッジ/げきりん

通常キュレムの実用性に関する提唱が無かったので本家から移転

普通に使うとどうも中途半端ということで、素早さ95を生かして90族を狩ることを目的とした型。
冷凍Bで無振りグラードン確1、ゼクロム中乱1(眼鏡こごせかでも高乱1)
エッジで無振りホウオウ確1、HP振りは高乱1
眼鏡気合球でHP振りディアルガ超高乱1

ただやはりパルキアという大きな壁があるため、専用技こごえるせかいを生かしたい。交換読みでパルキア等に使うか、眼鏡で威力を底上げしよう。ステロが撒かれていればカイオーガ以外の耐久無振り90族は眼鏡こごせかで確2圏内に入る。
その中で確1となるグラゼクにうまく後出しして起点にしたいところ。因みに無振りミュウツー、パルキアはステロダメ込みでそれぞれ確2、超高乱2なのでスカーフ以外はほぼ後出しは許さない。

勿論こごせかに頼らず流星群を撃ち逃げでもよい。

ノーマルキュレムのこごえるせかいよりもホワイトキュレムのこごえるかぜのほうが威力が高い時点でこの型はネタ