ミミロップ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

ミミロップ/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

【メガミミロップ】バトンスイッチ型 節を編集

特性:じゅうなん→きもったま
性格:ようき
努力値:A252 S252 H4
持ち物:ミミロップナイト
確定技:バトンタッチ/コスモパワー/ドレインパンチ
攻撃技:とびひざげり/おんがえし/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/でんこうせっか/がむしゃら
補助技:でんじは/アンコール/みがわり

戦える相手にはコスモパワーで耐久を上げて高火力ドレインパンチで上から叩きつけ、
苦戦が強いられるタイプが出てきた場合はコスモパワーを有利なアタッカーか耐久型に超高速バトンタッチ!
バトンタッチしたポケモンがやられたとしても、高速アタッカーとして十分に機能します。
ゴーストタイプがきても特性きもったまで攻める事が出来る為、攻撃技はドレインパンチだけでも対応はしやすい。

運用で一番大切なのはメガシンカするタイミング。
メガシンカすると高を括ってでんじはやしびれごなを放ってくるポケモンもおり、
タイプに格闘が追加される為弱点が増える為、下手にメガシンカせずにコスモパワーを積む方が効果的な場合もあるので注意。

H252 S252 A4の配分で試した所、突破力と回復力に大いに難があった為、オーソドックスなアタッカー振りながら耐久回復系と
やや邪道なタイプに仕上がりましたが、使い勝手のいい一匹として考えてみました。

↑「闘える相手」や「苦戦が強いられるタイプ」などの具体例が示されていない
という理由で本家から削除された型。

【メガミミロップ】超火力のじたばた型 節を編集

性格:ようき
努力値: HP48n+1~3調整、素早さ252、残り攻撃
特性: じゅうなん
持ち物: ミミロップナイト
確定技: じたばた/みがわり
優先技: アンコール/きあいパンチ
選択技: とびひざげり/こらえる/ねこだまし

■コンセプト
メガミミロップの最高打点であるじたばたをメインに据える型。
火力指数は脅威の56400で、メガクチのじゃれつく(46440)、メガガルの捨て身(52380)、鉢巻ガブのげきりん(54000)を凌駕する。

本家にはじたばたを候補に入れた型がなかったので作成した。

■注意点
味方のサポート(素早さ操作)からの死に出しや、霊技/麻痺技の読み交代が基本となる。
先制技などで縛られて攻撃ができない場合は、さっさとアンコで味方のサポートに回ったほうが良い。
ということで、残りのメンバーが場作りポケと積みアタッカーで固定されてしまうのはご愛嬌。

■調整
残りHPが2/48未満のときに最高火力の200を叩き出せるので、HPはそれを意識した48n+1~3に調整する。努力値は36/44/52。
48はあらゆる定数ダメージの倍数であるため、この調整は必須。残HPが5/15/30以下のとき、威力は200/150/100になる。

■技
じたばた: この型のコンセプト。
みがわり: HP調整、状態異常回避に。
アンコール: きあパンのお供に。非メガ時のいたずら電磁波を縛ったり、ふいうち回避や、積みエースへのサポートとしても優秀。
きあいパンチ: 下から打つ超火力技。アンコール必須。
とびひざげり: 癖のない一致格闘技。
こらえる: スキンハイボ勢にもじたばたを決めたいときに。
ねこだまし: 味方のサポートを受けずに、単騎で突破する場合の初速調整に。

格闘技は、対面した高速ATを倒したいなら膝を、受けに来る状態異常やみがまもを相手にしたいならきあパンを選択する。
一見すると、最速ときあパンは相性が悪いように見えるが、H252の盾ギルガルドを確定1発にできる他、
バトルスイッチ、はねやすめ、みがわり の下から打てるので、耐久ポケへの遂行性能が格段にUPする。

【メガミミロップ】かたきうちとっておき型 節を編集

性格:ようき
努力値:攻撃素早さ252
特性:メロメロボディorじゅうなん
持ち物:メガ石
技:かたきうち/とっておき
選択技:まもる/ねこだまし

特性きもったまでは最速のかたきうちとっておき使いであり火力も随一。

メガシンカに1ターン使うのでかたきうちの前に上から殴られやすいのが欠点。
安全に行くなら、爆発力は落ちるが「ねこだまし/とっておき」もありか。

難点は格闘技が入れられないこと。

【メガミミロップ】コスモドレパン型 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 残り耐久・素早さ調整
特性:じゅうなん
持ち物:メガ石
技:①コスモパワー・ドレインパンチ・マジックコート・アンコール
  ②コスモパワー・ドレインパンチ・まねっこ・バトンタッチ

コスモパワーで両受けをしつつドレインパンチで攻めていく型
事前に壁張りをしておくと安定感が増すのでおすすめ。
メガ進化することでトリック無効・ヌケニン以外への打点を確実に持つことができる。
構成上ヌケニンには絶対的に無力、また格闘半減以下の相手をするのはドレインパンチのPPの関係上難しい。

①の型は読みに自信がある場合に採用
強制交代技や耐久崩しのどくどく・おにび読みでマジックコートを使い
相手の積み技・回復技・受け可能な攻撃技読みでアンコールを使いながら積んでいく
がんばって積んだがドレインパンチの火力が足りずに落ちることが多々あったのが悲しいところ。

②の型はコスモバトンを主目的にする場合に採用
受けきれる相手に繰り出してコスモパワーを積み
相手の補助技を利用できそうならまねっこを使い、HPが減ったらドレインパンチで回復し更に積んでいく。
不利な相手が出てきた場合には素直にバトンで逃げるといいだろう。

筆者は読みに自信がない為②の型を主に使っているが
一般的なメガミミロップでは対応不可能な
あまのじゃくからやぶツボツボ・小さくなる型・積みアタッカー等に対して
こちらやや不利ながら対抗できるので使っていて非常に面白い

ただし①・②共にゴツメ持ち耐久型には非常に弱いので他で対策が必須

特殊型 節を編集

性格:おくびょうとか
努力値:特攻素早さ252HP6
特性:メロメロボディorじゅうなん
持ち物:こうかくレンズor威力UP系
技構成その①…チャージビーム/きあいだま/シャドーボール/ふぶきorかみなり
技構成その②…うそなき/かみなり/ふぶき/きあいだま

捻りなど皆無の特殊型。構成その①が運ゲーな気もする。その②は交代されそうだが気にしない方向で。
コイツの特殊型なんて読めないから4倍弱点持ちにとってはかなりの脅威。
攻撃全振り3色パンチより特攻全振り雷吹雪のほうが威力が高い。

↑特攻47のトリデプスの特殊型が本家にあるくらいだから全然問題ない気はするけどな。

これの作者だけど、珠なら冷凍ビームで無振りガブリアス確1、HP252ギャラドスも雷確1だった。
↑この型つえーなw 早いし弱点つけば普通に使えるぞ。 耐久ないし死ぬつもりではかいこうせん撃つのも中々。
↑↑技構成その②@帯で使ってるが普通に強い。HBがVならB4振りで陽気ガブのげきりんも耐えるし耐久もバカにできない。

ふるいたてるもある。運任せのチャージビームとちがい確実に能力アップが可能。
無駄に攻撃も上がってしまうが混乱しなけりゃ問題ない。
勿体ないと思うなら範囲は狭くなるが電光石火でもいれとくといいかも。
これを使った時点でアタッカーであることがバレるので使うタイミングは重要。
もし瞑想とか悪だくみ覚えることができたら普通に本家行きもできたのかな。

4倍弱点相手には強いものの等倍相手には奮い立てる積んでも微妙なダメージしか与えられないので
バトンタッチを入れると上がった能力を後続に引き継げていいかもしれない。攻撃特攻両方上がるのでバトン先を状況に応じて選べるのはいいかも。

物理型 節を編集

性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりハチマキ など
確定技:おんがえし
攻撃技:じたばた/ねこだまし/でんこうせっか/とびひざげり/かみなりパンチ/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/ミラーコート
補助技:アンコール/あまえる/ふるいたてる/みがわり/バトンタッチ/すりかえ/でんじは/マジックコート

至極普通の物理型。一応第四世代本家に拘り型はあるが。
補助技は勿論、攻撃技もかなり豊富。でも攻撃76,メガシンカしないと火力不足か…orz

ちなみに陽気V252振り鉢巻ミミロップの攻撃=陽気V252振りドサイドンの攻撃(共に192)

Pt時代に育成した飛び蹴り/炎パン/冷パン/すり替え@鉢巻きを今でも使っているが対戦相手がやたらと火炎玉すり替えを警戒してくれるから、鉢巻きすり替えがいい感じに決まる

猛毒空元気型 節を編集

推奨ニックネーム:ドクロップ
性格:いじっぱりorようき
努力値:素早さ252、攻撃他調整
特性:メロメロボディ確定
持ち物:どくどくだま
技1:まもる、とびはねる、あなをほる、ねこだまし から選択
技2:からげんき
技3:すりかえ、なげつける(BWだとネタになる)

決定力が無いのならば、猛毒空元気だ!
無振りサーナイト程度の耐久はかなり削れるらしいし、意外と使えるんじゃねえか?
耐久型来たら「どくどくだま」をすり替えてやれ!意表はつけるかもしれない。
…という考えが2009年のサンタから俺へのプレゼントっぽい。
最後に癒しの願いとか、ドレインパンチで少しだけ寿命を延ばしてもいいかも。
ということで作って使ってみた。不器用だと「どくどくだま」が発動しないので、完全なネタになる。

まひるみ型 節を編集

性別:♀
性格:ようき
持ち物:きあいのタスキ ひかりのこな
特性:メロメロボディ
努力値:S252 HorA252
確定技:でんじは ずつき
選択技:かげぶんしん いばる みがわり きあいパンチ アンコール

ずつきを使ってまひるみ。故に前作での育成必須。
いばみがやかげぶんしんで運ゲーや、麻痺やアンコ、分身による回避を活かして気合パンチ。
ゴーストはみやぶるを使うか逃げる。
一応配布ポケや御三家には♂が多いということで♀にしているが、特性が発動するのは稀

まねっこ型 節を編集

性格:むじゃき、せっかち
努力値:素早さ252/攻撃252
特性:メロメロボディ推奨(まぁ、お好みで)
確定技:まねっこ

まねっこを使ってみる型。
「だいばくはつ」で散った仲間を追って散るもよし、名前の響きがエロい技を使わせてみるもよし。
「まねっこ」には無限の可能性が広がっているのだよ!
↑アンコールや電磁波と組み合わせるとなかなかうまくいきやすい。これらは選択肢として入れてもいいじゃないかな?

本当に今さらだけど、ミミロップはタマゴ技でともえ投げを覚えるんだよね
だから、悪戯心リオルみたいにまねっこともえ投げループが可能なんだよなぁ
使い勝手は特性の関係でリオルに劣るけど、上に書いてあるアンコールや電磁波で差別化は可能
電磁波撒きながら投げループ、隙を見て不器用すり替え、何て事も出来るんじゃないかな
夢特性の柔軟を使えば、麻痺で昨日停止になる事も無い

オマケにドーブルを除けば、まねっこともえ投げを両立できるのはミミロル系列とリオル系列のみ
二匹ともダイパ時代の同期でタマゴグループも同じ、何か運命を感じちゃうね
(※現在はまねっこで交代技を出せません)