サメハダー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第六世代(X・Y&オメガルビー・アルファサファイア)

サメハダー/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察(ネタ・マイナー) 節を編集

+  さかさバトル

レッドカード前歯型 節を編集

特性:かそく
性格:むじゃき/せっかち/おくびょう
努力血:HP252 素早さ調整 残り攻撃
持ち物:レッドカード
技構成:まもる/いかりのまえば/アクアジェット/かみくだく

先発で出して怒りの前歯→レッドカード発動→次のポケモンに怒りの前歯を狙う。
クロバットのパクリだがこいつは攻撃範囲が違うし、途中に守るを挟めば素早さもクロバットを上回る。

クロバット先発で出したら真っ先にレッドカード前歯だと読まれるが、
まさかサメハダーでやるとは絶対に思われないだろう。何より意表がつける

鮫肌型(本家格下げ) 節を編集

特性:さめはだ
性格:やんちゃ/うっかりや/さみしがり/おっとり
努力値:攻撃・特攻・素早さ各調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:あくのはどう/ハイドロポンプorたきのぼり
選択技:まもる/かみくだく/れいとうビームorこおりのキバ/じしん/ちょうはつ/アクアジェット/めざめるパワー(炎/電)

鮫肌はおまけ程度に考えるのが無難。
頑丈持ちが接触技を使いにくいという利点もあるにはある。もっとも、サメハダーを見た時点で頑丈のポケモンたちは誰も接触技を使わないわけだが
相手の行動を制限できるのと、後だしそのものが僅かなダメージソースになりえるだけでも十分。
↑元々の頑丈持ちが使う主力物理技のほとんどが非接触のエッジ地震だから鮫肌見せなくてもそんなに接触使われてない。
どちらかと言うと先制対策の一つと見た方いいかな。
↑飛行格闘の主力技が接触技だから、その辺のタスキ削りやすいのも利点かな。

スカーフ型(本家格下げ) 節を編集

特性:さめはだ
性格:むじゃき/せっかち/おくびょう
努力値:素早さ252 攻撃or特攻252
持ち物:こだわりスカーフ
物理技:アクアジェット/かみくだく/たきのぼり/じしん/こおりのキバ
特殊技:ハイドロポンプ/あくのはどう/れいとうビーム/げんしのちから/めざめるパワー(岩/炎)

速攻をしかける型。最大火力はハイドロポンプ>たきのぼり。
無補正ガブマンダも抜けるが、おまけ程度。
同速にメガヤンマが居るが故最速推奨。
アクアジェットは使いにくいが、ラス1の先制技の打ち合いで使える。

スカーフ型でも特性加速はありじゃないの?
サメハダーより素早いスカーフ持ちを抜かせるようになるし
↑鮫肌が必要ってわけじゃないしメガヤンマも抜けるしありなのかな
そもそも加速のせいでスカーフ自体が微妙って問題はおいといて…
↑より早いスカーフを抜かすには、直前の行動が前後の敵両方に効かないとダメなわけで、
そんな限られたケースに対応するくらいなら一応前歯も仕込めたり先制技を牽制できる鮫肌のがいいと思う。

ガチ両刀型 節を編集

特性:かそく
性格:ずぶとい
努力値:攻撃252 特攻252 素早さ調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:まもる
攻撃技:アクアジェット/かみくだく
特殊技:ハイドロポンプ/れいとうビーム/あくのはどう

特性加速を手に入れ、実用性がぐんと増した。
素早さは相手が交代するときに守る2回を挟めば補えるので問題ナス。

AC極おっとり(鮫肌)ドロポン/吹雪/噛み砕く/アクジェ@襷で200戦近く使用したが、鬼のようの強かった。
鮫肌のダメージがいい感じに入ってその後のアクジェで綺麗に落とし切れる事が多かった。この型なら加速よりは鮫肌おすすめ。
基本は初手で出す感じで。水ロトムとの対面では(経験上)ほぼボルチェンなのでドロポンをぶっぱして、
後ろからのこのこ出てくるハッサムを交換際のドロポン+アクジェ+鮫肌で最低でも1・1交換にもってける。
3タテもしょっちゅうあったしこの型は本当にオススメ。ネタで作ったはずのこいつが自分のレートパまで食い込んでくる
ポケモンだとは思わなかった。今では一番の相棒。ん?ドロポンと吹雪が当たらん?ワイのサメハダーはほとんど外さなかったから
問題ない(確信)

こらまえば型 節を編集

特性:さめはだ
性格:むじゃき/せっかち/おくびょう
努力血:素早さ252 攻撃or特攻252
持ち物:きあいのタスキ
技構成:こらえる/いかりのまえば/アクアジェット/他

主に先発で接触技を使ってきそうな相手に繰り出す。
いかりのまえばで体力削る→接触技(さめはだ)→襷で耐える→こらえる→接触技(さめはだ)→アクアジェットでとどめ。
倒せなくても後続の先制技圏内に持っていける。
ちなみに本家では「HP1の時にさめはだは発動しない」と書かれているが実際は発動する(BV:40-65422-62905)
普段は狩られがちなカイリキー、ブシン、ヘラ、げきりんドラゴンなどに対して打点が取れるのが強み。
ねこだまし持ちに対しても、ねこだまし(鮫肌)→こらえる(鮫肌)→アクアジェット→相手の接触技(鮫肌)とそれなりに削りを入れられる。
ただし非接触技で来られると一気に終わる。

物理受け型 節を編集

性格:防御うp
努力値:HP防御252
持ち物:パワフルハーブ
技:ロケットずつき、ちょうはつ、こわいかお、かみつく

コイツは数少ないロケットずつきの使い手!防御をあげつつ攻撃ができる!
これを利用しないてはない。
というわけで物理受け。ロケットずつき連発したらかみつく連打!
素早いやつにはこわいかおで素早さを下げろ!
積んでくるやつには挑発で。
一応ロケットずつき成功すればメタグロスのアームハンマーを1発耐えます。
意見は受け付けますが反論は受け付けません。ご了承ください。

ゴツゴツメット型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ずぶとい
努力値:HP252 防御252 特攻6
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:ねっとう/れいとうビーム
選択技:こごえるかぜ/あくのはどう/アクアジェット/フェイント/いかりのまえば/ちょうはつ/うずしお/こらえる

型としては上の物理受け型と同じく物理特化。
さめはだorてつのとげ+ゴツゴツメットが相手の体力の約3割を削る強力な組み合わせだということは、本家のナットレイやクリムガンの項でも触れられている。
元祖さめはだのコイツがこれを活かさないわけにはいかない!
紙耐久だろうとやればできることを見せてやれ!!

出す相手は水、鋼の物理アタッカー等。
なんと物理耐久に特化すればいじっぱりメタグロスのコメパンを超高乱数3発にまで抑えることができるぞ。
雷パンチだろうと余裕で耐える。アームハンマーも低乱数1発なので運が悪くなければ耐えれる。
攻撃面に振っていないので返しの一撃で倒すのは難しいが、少しでも削ってやれば2回目の鮫肌メット倒せる。
攻撃補正有りカイリューの逆鱗でも耐える。鮫肌メットでの削りでマルチスケイルを解除して冷凍ビームでHP振りカイリューを確殺できるぞ!

物理受けなので熱湯は相性が良い。冷凍ビームも欲しいところ。
割合ダメージを与えやすいので怒りの前歯+塩水を組み込んでもいいかもしれない。

↑勝手ながら選択技にこらえるを追加させて頂きました。
いくらサメハダーが紙耐久とはいえHPを3割近く削るゴツメ+鮫肌は相手にとってはやはり脅威。
削れている相手に対して悪あがきに接触技をこらえるで耐え、強引にアクジェ圏内に持ち込むことだってできる!
真空波以外の先制技が全て接触技なのも大きい。
鮫肌とこらえるの両立はクリムガンやナットレイには不可能、さらに微妙とはいえ素早さ自体は割と高いので先制合戦にも勝ち筋はある。

型がばれて地震だのエッジだの特殊技だのが飛んできた時は素直に諦めましょう。

加速するいばみが型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき
努力値:HP252 残り調整
持ち物:たべのこし
確定技:いばる/みがわり
選択技:いやなおと、かみくだく、たきのぼり、じしん、こおりのキバorれいとうビーム、いかりのまえば、ちょうはつ

加速によって、クロバットより速いいばみが+前歯使いと化す。
BW2の教え技に前歯が加わったので夢特性と両立可能。
いばると嫌な音を合わせて大ダメージを狙いたい。